サーフテクノ・ラボ
HOMEモノ作り理念会社概要お問い合わせ

近未来社会 課題 商品
地方分権社会
高齢社会
高度情報化社会



廉価な道路維持管理
バリアフリー
地域情報



IRIプロファイラ
すべり測定器(OTTO)
高機能LED信号機

詳細 @IRIプロファイラ
IRIプロファイラ  今後の道路維持管理は、地方自治体(1821自治体)が、自ら三位一体の構造改革で地方分権を行うようになります。しかし、財政緊迫で十分な修繕が出来ない地方自治体も多くあると第26回日本道路会議で論議されました。そのような状況下で、より効率的な道路舗装表面評価システムとその結果に基づいた経済合理的な補修計画の策定手法が必要となります。そこで開発したのが、IRIプロファイラです。
詳細 Aすべり測定器(OTTO)
すべり測定器  現在は歩道の縦断や横断勾配、段差等の幾何構造(形状)が規定されていますが、高齢者や障害者にとっては、路面の「平坦性や滑り抵抗」のような、歩行の為の路面性能が必要です。日本は、まだまだ外見のような形にとらわれています。高齢者は障害者と同じく交通弱者です、この高齢者が社会参加出来る様、歩道の「すべり」を測る小型の測定器の開発販売とサービス提供を致します。
  BLED信号機(可視光通信)
信号機PHOTO  近年、交通信号機の灯器がL.E.D.(発光ダイオード)に変わってきています。このL.E.D.灯器は光通信 のベースが備わっているので機能補充により情報提供の手段として活用できます。まさに高齢化社会を迎える21世紀、より高度な地域情報を担う、多目的交通信号機 利用技術です。




HOME モノ作り理念会社概要 お問い合わせIRIプロファイラ詳細すべり測定器詳細トピックスQ & A